SSブログ

書類をstanzaでiPhoneに移植 [その他]

読まなければいけない仕事の資料書類がたんまり…。
PDFやtext、Wordの書類だったので、iPhoneに取り込んで通勤などの移動時間にも読めるようにしようと、電子書籍アプリのstanzaを利用してみました。

iPhoneにはstanzaアプリを既にいれてあったので、
まず、Macで使える「Stanza Desktop」をダウンロード。
次にStanza Desktopで各書類を電子書籍の形式に変換。
ここでひとつがっかりだったのは、textやPDF書類だと、「不明」というタイトルがついてしまうこと。Wordドキュメントだとちゃんとちゃんとタイトルが反映される。
書類の名前だけでなく、文章の1ページ目にでかでかと「不明」というタイトルが書かれ、さらに制作者も「by 不明」とでかでかとクレジットされるのて少々うざい。
書類名はiPhoneに入れた時に、1つ1つ書類名変更でかわったけど、本文のものはいじれないのが残念。

さて、電子書籍形式に変換したデータをiPhoneに転送する方法でちょっと躓きました。
説明を読むと「共有」でシンクロできるようなんですが、それがうまくいかず、原因を究明する時間がなかったので、Gmail経由で転送することにしました。
書類が30以上あったので、メールを送る手間がかかりはしましたが、こんなに一度に送らない場合なら苦にならないかな、と思いました。

でiPhoneに移植された書類の書類名を変更して、分類をして作業終了。
プリントアウトしたり、紙の束を持ち歩く手間がはぶけ、見るときもコンパクトなので便利♪
Kindle for iPhoneを導入したので、本を読むのには活用しないかもと思っていたstanzaの思わぬ底力を実感。
青空文庫などから日本語書籍を移植できたりするそうなので、そのうちそれも試してみたいです。
(ん? でも青空文庫はそれ自体アプリありましたっけ? なら、わざわざ移植することもないか…?)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます